エコリフォームした家の暮らし 改修前後のガス使用量の比較

エコリフォームの目的である、電気を使わないで夏涼しく、冬暖かくについては、ちゃんと成果を得ることができました。 

 

 くわしくはこちら

 エコリフォームした家の暮らし 改修前後の電気使用量の比較

 

もうひとつのエネルギーであるガスについても比較をしてみました。

 

結果からいうと、ガスは改修前に比べて使用量が増えてしまいました、、、。

およそ10.3%の増です。

改修前は、追いだきもなく、お湯を入れて入るタイプのお風呂でした。

改修後は、追いだき機能付きのお風呂になり、湯船も少し広くなって足が伸ばせるようになりました。

 

改修前のお風呂は時間がたつと冷えたお湯に我慢して入ることが多かったのですが、ボタンひとつで追いだきができる現在では、いつも快適な湯温に入ることを選らんでしまい、その結果以前よりもガスの使用量は増えているのだと思っています。

暮らし方・住まい方の影響は大きいと実感しています。

 

左の図は、改修前後のガスの使用量を月ごとに比較し、さいたま市の同程度の世帯と比較したものです。

 

我が家では、改修前のガスの使用量が一般的に比較してもすくなかったため、

現在でようやく平均並みという現状ではあります。

 

暮らしの目的は省エネだけありません、昨日よりも便利に暮らしやすくという欲望には逆らうことはできませんよね。

なにより両親は、この追いだき機能と足の延ばせる新しいお風呂を何よりも喜んでいまし、、、。

 

追いだき機能のせいではなく、もう少し頑張って検討をして、湯船にも断熱をして、お湯が冷めにくくしておけばよかった、、というのが反省点です。