つかうデザイン

太陽の温かさや明るさ、自然の風など、自然を活かして室内環境を調整する建物をパッシブ建築と言います。パッシブ建築は地球環境に配慮した建物として評価されていますが、100%自然の力だけで室内環境を調整しているわけではなく、パッシブ的な工夫が施された建築に、冷暖房や換気設備、電灯照明といったアクティブ技術を組み合わせて快適な室内環境を形成しています。

 

近年は、便利で高効率なアクティブ技術(冷暖房や電灯照明)が一般化したため、建物の使用者に何も働きかけをしなければ、窓の開け方を工夫して涼を得たり、自然光で明るい部分を消灯したりといった行動よりも、暑ければ冷房、寒ければ暖房、部屋に入れば無意識に電灯照明を全点灯するといったようなボタン1つで済ます過ごし方を選択することになります。

 

そのため多くのパッシブ建築において、設計コンセプトに「エコ」や「省エネ」を謡っていても、適切に運用されないことで実際はエネルギー使用量が増加していることが多くあります。

この現状は、竣工後の使用者の運用方法、意識の持ち方の問題であり、設計側や現場での対応範囲ではないという認識があります。

 

みっつデザイン研究所では、建物を使う人や施設管理者に対して、エネルギー使用実態や室内環境の実測データ等を根拠として示しつつ、暖冷房や電灯照明の効果的な使い方や、季節に合わせた窓の開閉方法など、自然を活かす暮らし方を伝えたり、自分たちで考えたりする場を設けることで、建物の使い方を変えていくことができると考えています。

 

住環境教育として、小・中学校の総合的な学習の時間に行う環境学習ゲスト講師、環境学習のカリキュラム化等の学校に対する支援経験があるため、特に教育施設を得意としています。建築のことが分からない人にむけて分かりやすい勉強会の企画と、エコスクール施設を教材とした環境学習の実践に向けた支援までを行うことができます。

 

 

業務内容について

進め方のイメージ


実例紹介

守山市立守山中学校 jiaゴールデンキューブ賞特別賞受賞

平成28年11月に校舎が完成した滋賀県守山市立守山中学校の改築プロジェクトでは、スーパーエコスクールとして取り組む、校舎のエコな工夫を活用した環境学習プログラムの作成を支援をしています。

 

校舎を活用した環境学習に継続して取り組んでもらうためには、プログラムを作るだけではなく、設計時の想いやエコな工夫を今の全校生徒、加えて未来の生徒や先生方とも共有できるようにすることも大事です。

 

そこで昨年度は、生徒有志が工事現場を見学したり、発注者、設計者、施工者へのインタビューを行う中で、彼らが感じたこと、伝えたいことを、文化祭や地域のイベントで発信していきました。

さらに有志の生徒らには、新入生や新しい教職員の先生方が最初に見る守中改築の経緯、スーパーエコスクールの工夫を紹介した動画制作にも協力してもらいました。

 

このような守中での取り組みを jiaゴールデンキューブ賞2016/2017 に応募したところ、学校部門の特別賞を受賞することができました! 

ホームページはこちら 

関係者のみなさま、ありがとうございました!

 

続きを読む

守山市立守山中学校の改築プロジェクト

続きを読む

内窓導入効果を報告 メイプルイン幕張


続きを読む

内窓の効果って??ビジネスホテルの場合 メイプルイン幕張で調査中です。

 

自然エネルギーの勉強会でご縁があった幕張本郷にあるメイプルイン幕張というビジネスホテルのエコ化プロジェクトに協力しています。

 

照明のLED化、コジェネの導入等、設備のエコ化については実績があるのですが、一方で建物から熱がダダ漏れの状況も気になっていたそうです。

次にやるならば内窓の取り付けかな、、とお考え中にお会いしました。

 

 

内窓を入れたらどんな効果があるのでしょうか??という相談から、じゃあ温度計を置いて比較実験をしてみましょう → 計測期間中にお客さんにも協力してもらいましょう ということで、モニター宿泊プランができました。

 

続きを読む

エコスクールを環境教育の教材として活用するための施設整備についてまとめました。

学校を最先端のエコスクールとして建設しても、それを使う教職員や児童生徒が、技術の意図、使い方を理解していないと、技術の効果は発揮できません。

 

勤務する先生が数年ごとに移動する学校という施設においては、そういった知識や使い方の情報共有はとても難しいのが実情です。

 

そこで、佐藤エネルギーリサーチさんに協力する形で、これまでいくつかの学校でそういった課題に向き合ってきた経験を生かして、学校全体で情報を共有して、適切な使い方を継承するためには、設計時に何をどうしておくべきか、、といったことを調査してまとめました。

 

調査対象は、新川崎地区の新設小学校で、文部科学省の「スーパーエコスクール実証事業(平成26年度)」として実施しました。

 

文部科学省のホームページはこちら 

(報告書の概要版を見ることができます。)

 

報告書の全体像はこちら 

(佐藤エネルギーリサーチ株式会社のホームページからダウンロードできます)

 

続きを読む

平成26年度のエコスクールの運用支援業務完了!

穴があると暖まらない!?を体感する実験。学校は暖冷房時でも窓や昇降口、渡り廊下のドアなどが開いていることが多いです。せっかく断熱改修したのなら、その保温効果を活かすためにも暖冷房時にはドアを閉めよう!ということを伝える為の実験装置。
穴があると暖まらない!?を体感する実験。学校は暖冷房時でも窓や昇降口、渡り廊下のドアなどが開いていることが多いです。せっかく断熱改修したのなら、その保温効果を活かすためにも暖冷房時にはドアを閉めよう!ということを伝える為の実験装置。
続きを読む

スーパーエコスクールの使い方を共有する仕組みを考える

滋賀県守山市立守山中学校の改築プロジェクトに参加していました。この年度末に業務が完了し、報告書が完成しました。

 

守山中学校の設計は、コンペで選ばれたデネフェス計画研究所

 

コンペ案では、これからの教育に対応した学校環境を提案しています。その学習環境を快適にするために、エネルギーをたくさん使うのではなく、琵琶湖からの風を取り入れる屋根形状、地中熱を使うクールトレンチ、直射光を防いで室内に穏やかな自然光を取り入れる庇や間取りの工夫といったパッシブ型の環境技術が取り入れられています。

 

そういった工夫の施された守山中は、夜も一部の窓を開けて夜間に校舎を冷やしたり、自然光で明るいところの電灯照明は消灯したり、クールトレンチの換気量を人が居る時と居ない時で風量の調整をするといった、これまでにない使い方を実践することが必要になります。

 

 近年のエコスクールでは、こういった新しい使い方を学校関係者へ周知するための支援が十分でないため、エコスクールならではの校舎の使い方が浸透せず、改築前よりもエネルギー使用量が大幅に増えてしまう、、という課題が明らかになってきています。

 

続きを読む

教室の照明の使い方を考えるワークショップ

続きを読む

ホームへ戻る